ムク[ペット]
(2014-01-30 18:36:43) by 涙脆い管理人


実家で飼っていたムク・・・白くてふわふわで、本当に可愛かった。
絶対に人や他の犬にキバを剥くなんてことはしませんでした。

3歳くらいで肝臓が悪くなり、医者に

「あと一年の寿命。」

と言われたけど、12歳まで生きていてくれました。
本当に一生懸命生きました。
ムクが家族をひとつにしてくれたようなものでした。

ムクはだんだん体が悪くなり、最後の一年は歩けず寝たきりでした。
でも、すでに結婚して別に暮らす姉や私が実家に帰ると、歩こうと無理して這いずって玄関まで迎えにきてくれました。
耳を下げて、しっぽを振って・・・。

そのムクがおかしくなったのはある日の朝でした。
母親から

「ムクが・・・ムクがもうダメかも・・・。」

と電話をもらって、すぐに実家にかけつけると、ムクは大好きな場所だった玄関に寝ていました。
その傍らにはお線香が・・・たくさん・・たくさん泣きました。
母は泣きはらした顔で最後の時を教えてくれました。

「お父さんが仕事に行く時にね、ムクが頭をあげてクーンと鳴いたんだよ。その後、ゆっくり顔が下がっていって・・最後にお別れを言ったんだね、ムクは。」

それからもう6年経ちました。
でも今書いていても涙が出てきます。


コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

Powered by
MT4i 3.0.8