Home > 切ない系 > ふがし

ふがし

  • Posted by: 涙脆い管理人
  • 2011年6月27日 07:41
  • 切ない系

もう、ずいぶんと前の話になるんだが。

昔から俺の家はおじいちゃん、おばあちゃんと言ったら、母方の方と決まっていた。
そんなだったから、父方のおじいちゃんはそんなに好きではなかった。
怖いイメージしかなかったしな。

そんなある日、俺は親父に連れられて父方のおじいちゃんの家に行った。
正直行きたくなかったのだが、なかば無理やりに連れてかれた。
おじいちゃんの家は、すごく狭かった。
物が沢山あって、その中に小さなコタツが置いてあった。

今思えば、おじいちゃんはあの頃からかなり具合が悪かったのだと思う。
つらそうにコタツに入っていた。
俺を見つけると、嬉しいらしく、はにかんでいたな・・・。

でも、俺はおじいちゃんが好きではなかったから、面倒くさいとしか思っていなかったと思う。
そんなおじいちゃんが咳き込みながら、俺にふがしを差し出した。
でも、俺はふがしが好きではないし、無理やり連れてこられたのでイラついていたから、

「要らない。」

と、言ってしまった。
おじいちゃんは困ったようにした後、

「美味しいんだけどなぁ・・・。」

と言って、残念そうにうつむいてしまった。
それから3ヶ月後、おじいちゃんは肺ガンで亡くなった。
突然だったし、あまり親しくなかったから涙はでなかった。
その後、おじいちゃんの家にもう一度行った。
その時、コタツの上にふがしが置いてあった。

俺はなんか涙があふれちゃって、ふがしを食った。
号泣しながら食った。
ごめんね、おじいちゃん。
ふがし、美味しいね・・・。

久しぶりに食ったふがしは、少ししょっぱかった。

関連する泣ける話・感動する話

コメント:0

コメントフォーム

Home > 切ない系 > ふがし

感動カテゴリ
サイト内検索
携帯用QRコード

携帯用QRコード

https://www.chatnavi.net/mobile/

携帯ではこちらからアクセスしてください。

Feeds

ページトップに戻る