Home > 切ない系 > ソープランドで生まれたエロくない泣ける話

ソープランドで生まれたエロくない泣ける話

  • Posted by: 涙脆い管理人
  • 2012年4月20日 17:15
  • 切ない系

<758 名前:名無しさん@ピンキーID:Qb5qv1YNO の話>
ソープ嬢です。
5~6年前のある日、私にネット指名が入りました。
40代後半くらいの男性。
初めて指名をいただくお客さんだったし、私は顔出ししてないので、

「なんで指名してくれたんですか?」

と聞きました。
すると、

「お店のホームページを見てなんとなくいいな、と思って。」

とあいまいな答え。

(中略)

彼の手が、つめの手入れなど含めて普通の40代のオジさんよりも綺麗だったので、

「手、綺麗ですね。」

と何気なくほめると、彼は急に黙り込んでしまいました。
そして、しゃくりあげるように泣きはじめたのです。

私は驚いて、一瞬フリーズしてしまいましたが、

「え、何か気にさわること言っちゃいました?」

と、うつむく彼の下にもぐりこんで目を合わせました。
泣いた理由を話し始めた彼。

なんと彼、プレイを終えて吉原を出たら、お母さんと一緒に心中しようと 思っていたのだとか!

お母さんは介護が必要で、そのために彼は仕事を休みがちになり、 不況でそのままクビ。
貯金を崩して暮らしていたけどもう限界で、お母さんと旅立つ前に、最後にソープに来たんだとか。
彼の手が綺麗だったのは、お母さんの介護をするために清潔にしていたためでした。
そこに私がツッコミ入れたので、気持ちの糸が切れて彼は泣いてしまったんでです。

そして、彼が私をネット指名した理由も分かりました。
私、プロフィールに「元介護士」って書いてたんです。
実務はあまり経験ないんですが。

私は、困っちゃったんですが、スルーするわけにもいかず、

「お母さん、年金とかはもらってないんですか?」

と聞くと、受給資格が無いらしく・・・。
接客時間は刻々と過ぎて、このまま返すのも気持ち悪いので、私が以前お世話になった弁護士を紹介しました。
放っておくと怖いので、個室から弁護士に電話して、これこれこういう人が相談に行くからお願いしますと頼み、彼には料金から1万円を返して、

「これで相談してきなよ。」

と言って、不安でしたがお見送り。

そして現在、私はもうすぐソープを上がるんですが、うちの店の今の主任が誰あろう、このとき、 私の前で泣いたお客さんなのです(笑)
弁護士を紹介した後、てんぱっていたた私は、

「うちの店、ボーイ募集してるみたいだから。」

とまで言ってしまいました。
あの後、彼は私があげた1万円を握り締めて弁護士のもとに相談に行きその結果、お母さんの年金関連を調べたら受給資格が「ある」ことが発覚。
最悪だった彼の生活に希望の光がさし、そして彼はうちの店に面接に。

ボーイとしては年齢がオジさんすぎだったのですが、彼の前職がトラックドライバーで運転がうまかったこともあり、採用されて今ではいい感じに年とった主任です。
こうして振り返ると、けっこう感慨深いっすね~。
上がるまでがんばるぞ!

関連する泣ける話・感動する話

コメント:0

コメントフォーム

Home > 切ない系 > ソープランドで生まれたエロくない泣ける話

感動カテゴリ
サイト内検索
携帯用QRコード

携帯用QRコード

https://www.chatnavi.net/mobile/

携帯ではこちらからアクセスしてください。

Feeds
オススメサイト

山下一啓

大川大助

ページトップに戻る