Home > 人間関係 > 松屋のおばちゃん

松屋のおばちゃん

  • Posted by: 涙脆い管理人
  • 2012年3月28日 10:22
  • 人間関係

551 :おさかなくわえた名無しさん :2007/02/04(日) 21:19:48 ID:dMDMpdDU
地方で働いてた時の話。
仕事終わってから仲間と松屋で飯を食べる事が多かった。

そこの松屋には必ずいるおばちゃんがいて、いつもニコニコしながら仕事してた。
いつも笑顔だし喋り方とかちょっと変わった人だったから、最初は冗談で仲間とその人に喋りかけてたんだ。
聞けば、明らかに労働基準法違反な時間を働いてた。
忙しい時間に一人で働いてたりもした。
(あとからバイトが遅れて登場。)

そんなおばちゃんを見て、混んでる時は

「俺達はあとまわしで良いから。」

ってよく言ってた。
そして遅れて出てくるぶた飯には漬物とかおまけが必ずついてた。
そんなことが数カ月続いて、俺は仕事を辞めることに。
だからあと一ヶ月で地元に帰る、ということをおばちゃんに話したら、

「辞める前に一回来てね。」

とのこと。
一ヶ月後、地元に帰る前日に約束通り松屋に行った。
忙しそうだったから、いつものように

「後回しで良いから。」

と伝えた。
普段より長い時間待たされてたがあまり気にせず。
ようやく出てきたと思ったら、皿が多い。
多いなんてもんじゃない。
豚皿、各定食の肉、カレー・・・ほとんどのおかずが出てきた。
ご飯も大盛り。

「おばちゃんからのおごりだよ、これから頑張ってね。」

涙ぐみながら全部食べた。
おばちゃんには悪いが、最初はおふざけで話し掛けてて、でも色んな話をして仲良くなって、最後には門出?を祝ってくれて。
出会いってわからないね。
おばちゃん、体に気をつけて頑張って下さい。
ありがとう。
ごちそうさまでした。

関連する泣ける話・感動する話

コメント:0

コメントフォーム

Home > 人間関係 > 松屋のおばちゃん

感動カテゴリ
サイト内検索
携帯用QRコード

携帯用QRコード

http://www.chatnavi.net/mobile/

携帯ではこちらからアクセスしてください。

Feeds

ページトップに戻る