Home > 人間関係 > 過労

過労

  • Posted by: 涙脆い管理人
  • 2012年2月 5日 23:22
  • 人間関係

会社で、私の隣の席の男性が突然死してしまった。
金曜日お酒飲んで、電車で気分悪くなって、途中下車して駅のベンチで座ったまま亡くなってしまった。
死因はスカッシュをやって亡くなった宮様と同じもの。
享年55歳。

でもみんな、分かっていた。
この人仕事のし過ぎで亡くなったんだって。

私はそのとき祖母の納骨で地方にいた。
お通夜は出れなかったが、その日のうちに東京戻って、翌日は休みの予定だったけど、会社行った。
上司に言われて花を買いに行った。

「社員の人が亡くなったので、机に飾るお花にしてください。」

花屋さんで、泣いた。
こんなことは初めてだった。
綺麗だがとても香りの強い花で、今でも私はその香りを嗅ぐと涙が出る。

亡くなった時に持っていたカバンには、家で仕事をするための膨大な資料、会社のPCにはやりかけの仕事が山のように入っていた。
とりあえず私を含めた三人で割ったが、それでも追いつかない。
仕事の中にはとても単純だけど、時間のかかる作業とかいっぱいあった。

何度か言ったことはある。

「やることあったら言ってくださいね。」

と。
その人は穏やかに笑って、

「じゃあ考えておくね。」

と。
いつもこの繰り返し。

膨大なデータを集計しながらまた涙。
なんでもっと強く言って、仕事をぶん取らなかったんだろう。

「私がこうした単純作業だけでも引き受けていたら、この人は死なずに済んだじゃないだろうか。」

と後悔ばかり。

そんな中、その人の家族が荷物を引き取りに来た。
小柄で華奢な奥さんと、真面目そうな女子大生。
一人一人に丁寧に挨拶。

私の番になった。
奥さん、私の名札を見て小さく笑う。

「何度か主人から聞いていました。職場にとても真面目で優秀な女性がいて、いつも仕事ないですか、何でも言ってくださいね、って言ってくれるんだ、って。あなたのことですね。主人はとても感謝していましたよ。」

会社だし、他の部の人もいるし、とかそんなこと関係なく泣き崩れた。
ありがとう。
私のことそんな風に思ってくれてありがとうって思った。

早いものでもう来月は三回忌。

私はそのとき以来、部員の仕事量も観察して、一人の負担にならないように自分に出来る仕事はぶん取ったりすることもある。

この間、亡くなった男性の仕事を引き継いだ男性から言われた。

「もしあなたがいなかったら、俺は仕事に追い詰められて死んでたかもしれない。笑い話じゃなく、本当に。だから、ありがとう。」

その言葉で、やっと救われたと思った。

関連する泣ける話・感動する話

コメント:1

tomo 2013年1月19日 09:50

カッコいいな。
朝から涙腺がゆるむわ(´;ω;`)ウッ…

コメントフォーム

Home > 人間関係 > 過労

感動カテゴリ
サイト内検索
携帯用QRコード

携帯用QRコード

https://www.chatnavi.net/mobile/

携帯ではこちらからアクセスしてください。

Feeds

ページトップに戻る