Home > 家族 > うちのかーちゃん

うちのかーちゃん

  • Posted by: 涙脆い管理人
  • 2012年2月 2日 16:50
  • 家族

うちのかーちゃん
おやじの酒乱で離婚。
以後3人の子を一人で育てる。

姉貴二人遠くに嫁ぐ。
俺とかーちゃん二人暮らし。

かーちゃん、酒を飲むようになる。
度を越すようになる。
俺に怒られるから隠れて飲む。
友達から

「電話したらお前のかーちゃんまたよぱらってたぞ。」

と言われ、怒ってかーちゃんを蹴っ飛ばす。

「クソババー、てめー電話出るなこの!!」
「お母さん飲んでないよ。」

ろれつが回らない言葉で俺に許しを乞う。
それを聞いてまたかーちゃんの頭を思い切りひっぱたく。

そんな日が続いた。

結婚が決まった。
嫁と2人きりで海外で挙げた。
かーちゃんには式の写真とビデオをやっただけ。
嫁にも極力合わせないよーにしてた。

別々に暮らして半年。
ある日夜遅く保険の証書を取りに実家に帰ると真っ暗な部屋の中、テレビのあかりだけ。
その前にかーちゃんがボーッと正座していた。

「こんな夜中に何やってんのよ。またさけ飲んでるのかこの野郎っ!」

叩こうと思ってふとテレビを見ると、俺の挙式のビデオだった。

「叩かないで。ごめんね。ごめんね。」

ろれつが回らない言葉で這いつくばって懇願するかーちゃん。
俺はぼーぜんとした。

毎晩一人ぼっちでこのビデオを見てたのか・・・。
ごめんねお母さん。
本当にごめん。
もう叩かないから。
来週嫁さんと一緒にどっかおいしいものでも食べに行こうよ。

昨日の晩、母と嫁と食事してきました。

「嫁さんが母さんとメシ一緒に食べたいんだってさ。」

って言ったら喜んでた。自分がビール飲みながら

「母さんも1杯どう?」

て言ったら

「私はいいから。」

って・・無理すんなよな。
嫁に嫌われたくないのだろうか。

一生懸命嫁に俺のこと頼むって、優しい子だからって、親バカだなー。

嫁さんニコニコして頷きながら聞いてた。
母さん嬉しそうだった。

コメント:0

コメントフォーム

Home > 家族 > うちのかーちゃん

感動カテゴリ
サイト内検索
携帯用QRコード

携帯用QRコード

https://www.chatnavi.net/mobile/

携帯ではこちらからアクセスしてください。

Feeds

ページトップに戻る