Home > 友達 > 泣けるけど心温まる話~鉄板BGM~

泣けるけど心温まる話~鉄板BGM~

  • Posted by: 涙脆い管理人
  • 2012年2月13日 10:56
  • 友達

ある時、大学時代からの親友に呼び出された。
彼女同伴で現れた彼は、自分の学生時代の話を始めた。

---------------------------
俺が通ってた小学校さ、否かなもんでクラスに男女合わせて14人しかいねーの。
だからさ、幼稚園から中学までみんな同じクラスなわけ。w

もうみんな兄弟みたいな感じさ。w
でも一人さ、知恵遅れの子がいたんだ。
中学は言っても一人だけ小学校1年生の勉強してたんだよ。
おまけに貧乏だったから、みんなから仲間外れにされて、いじめられてんの。

でもさ、俺そんなの嫌だし、休み時間はいつもそいつと遊んでたわけ。w
遠足の時も、そいつの弁当のおかずはハムが2枚入ってるだけでさ、もちろんおやすも持ってきてないんだよ。
だから俺、母ちゃんに頼んでさ、そいつのおかずとおやすも持って行ったりしてw
母ちゃんは喜んで用意してくれたし、何より、そいつの喜んだ顔が嬉しくてさぁ。笑

そんなことしてたら、いつのまにか俺まで仲間外れにされちまってさぁwww
そんなわけで、俺もそいつと距離おくようになって・・・。
でも、何度も何度も突き放してもそいつは俺んとこにくるわけよ。

そんな感じで中学入って、部活でバスケ始めたらそいつも俺の部活に入ってきたんだ。
知恵おくれだし、顧問も躊躇してたんだけど。
そいつの親が懇願してる姿見てたら、無性に悔しくなってきて、気がつけば土下座で懇願してんの、俺もw

やっぱ俺こいつの友達だわ、仲間外れ上等だよ!って、ふっきれた。笑
そいつの親、すごく喜んで、涙流して俺に感謝してたよ。
久々に見たそいつの笑顔だったよ。

そして、高校に入ったんだけど、そいつの学力では高校に行くことは出来ず、俺も高校生活の忙しさから、それ以来そいつとは会うことはなかったんよ。
高校卒業して、大阪の大学行き出して、正月に里帰りした時にさ、そいつの母親が訪ねてきたんだよ。

「○○君、久しぶりね。元気だった?」
「はい、元気っす!彼は元気すか!?」
「・・・。○○君には、本当に感謝しているのよ。ありがとう・・・を伝えたくてね。」
「は・・・?おばさん・・・何ですか?いきなり・・・。」

昨年の冬、12月9日、午前2時48分、骨肉腫を患い、移転によりどうすることも出来ず、苦痛の闘病生活の末に、彼はひとり、天国へと旅立った。

高校時代に俺の家を訪ねてこないことを、不思議には思ってはいたけど、俺もそいつを訪ねることはしなかった。
俺がバカみたいに高校生活に浮かれてた時、そいつは必死に苦痛に耐えて病気と闘っていたなんて・・・。
俺は何も知らず・・・。

葬式は身内だけの密葬だったらしい。
彼の母親は、俺に知らせようと思ったみたいだけど、一度しかない高校生活を送る俺に迷惑や心配をかけたくなかったという。
何も知らなかった自分が情けなくて、何もしてやれなかった自分が悲しかった。

彼は、また俺とバスケをするんだと、また俺と遊ぶんだと、病床でいつも話していたという。
そんなことも知らないまま高校生活に浮かれていた俺。

おばちゃんは、泣きながら俺を抱きしめ、

「○○君、仲よくしてくれてありがとね。」

そう言った。

生まれて初めて気が狂ったように泣いた。
なりふりかまわず、思いっきりおばちゃんの胸で泣いた。

家に戻り、中学の卒業文集を見てみた。
そいつのページには、たった2行だけど、一生懸命書いたであろう言葉があった。

「○○くんとあそんだのがいちばんたのしかったです。」

そこには、俺の名前があった。
彼の思い出の中には、最後まで俺がいた。

なんでもっと、遊んであげなかったんだろう。
一時とはいえ、なんで仲間外れを恐れて突き放したりなんかしたんだろう。
なんで、もっと・・・。
なんで、もっと・・・。
---------------------------

そのまま友人は暫く、泣き続けた。
俺も友人の肩を抱きしめ泣いた。
友人の彼女は彼をなぐされめる。
そして、友人は俺を呼び出した理由を話し始めた。

わりぃ・・・辛気臭くなってw
どうしても言っておきたくて・・・。
じつは俺さ、来年の春に結婚すんだ。
この子と結婚すんだ。
絶対に幸せになろうって、この子と誓った。

この子とさ、あいつのぶんまで幸せになるんだ。

この子、妹なんだ・・・あいつの。
俺さ、息子になるんだ。
おばちゃんの、もう一人の息子になるんだ。

そう言って、友人と友人の彼女はとても幸せそうに笑った。
こんなに、温かい涙を流したのは何年ぶりだろう・・・。

やがて2人の結婚式で初めて新婦の母親(おばちゃん)を見た時、幸せな笑顔と一緒に、その胸には19で亡くなった息子の遺影があった。
遺影の彼は、母親の腕に抱かれ満面の笑みを浮かべていた。

とびっきりの笑顔で、二人を祝福していました。

引用 : 泣けるけど心温まる話~鉄板BGM~

コメント:0

コメントフォーム

Home > 友達 > 泣けるけど心温まる話~鉄板BGM~

感動カテゴリ
サイト内検索
携帯用QRコード

携帯用QRコード

http://www.chatnavi.net/mobile/

携帯ではこちらからアクセスしてください。

Feeds

ページトップに戻る